ヒョウモントカゲモドキの人工飼料

ヒョウモントカゲモドキの人工飼料、人工エサはここ数年でいくつか発売されて流行しつつあります。生きエサ、虫エサなしで飼育可能となればヒョウモントカゲモドキ飼育の敷居はさらに低くなります。

ヒョウモントカゲモドキ飼育者としてはほぼすべての商品を試しましたが、結果、ニードクリケットという商品にたどり着きました。


ニードクリケット

ニードクリケットは95%がコオロギパウダーでできていて、水で練ると固まる仕組みです。常温の水でいいので楽ちんです。ちなみに残りの5%はゲル化剤です。ゼラチンのようなもので、非常に安全なものです。それに比べて他の製品は保存料など化学物質がかなり使われている印象です。

ニードクリケットはコオロギ味

ニードクリケットの最大の特徴は主成分がコオロギパウダーのみというところです。ヒョウモントカゲモドキからするとコオロギと同じ味だと感じるはずです。そのため、コオロギで餌付いているヒョウモントカゲモドキはすぐにニードクリケットに切り替えることができました。逆にコオロギに餌付いていないヒョウモントカゲモドキには、コオロギの前にニードクリケットを餌付かせることでコオロギを覚えるという使い方もできます。他の製品だと様々な昆虫粉が使われいて生き餌との互換性という意味で、ニードクリケットが最高です。

ニードクリケットの原産国はタイ

原産国がアジアだと聞くと少し不安に思う方もいると思います。しかし、ニードクリケットに関しては逆です。タイではコオロギ食の文化があり、人間の食糧として生産されているのです。ことコオロギに関してはタイ産は最も信頼してもよいと言っても過言ではありません。なお、他の製品の昆虫粉末の原産国は知ることができませんでした。

ニードクリケットの購入はこちらのお店で